山のふもとの干物屋さん

骨まで食べられる干物【まるとっと】のことなら『山のふもとの干物屋さん』

価格帯で選ぶ

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  骨まで食べられる干物とは?

骨まで食べられる干物とは?

はじまりはお年寄りのQuality Of Life 向上のために!

  

学 聖カタリナ大学
  
高齢者施設などでの聞き取りでは・・・
     ○お年寄りの声は…
        「お頭つきのお魚がたべたい!」
        「いろんな魚が食べたい!」
     ○施設では…
        「喉に詰まったり、骨が心配・・・」
        「骨をとったりで、手間とコストが・・・」

官 愛媛県産業技術研究所
  
今までの研究と技術によって高温高圧処理による「骨まで食べられる干物」を発案!!

産 株式会社 キシモト
  
創業48年 海産物メーカーとして、研究を重ね、おいしい干物造りにかけてました。より喜んで頂ける商品の開発の為、愛媛県産業技術研究所と共に、何度も試作を重ね、《飲み込みやすいように水分を保ち、魚の形を残しながらも指で押すだけで骨が崩れる程の柔らかい干物》を開発しています。

民 愛媛県内の高齢者施設
  
研究段階途中から、何度も施設の利用者さん・職員の方にご試食いただきながら、「食感」「見た目」「味」「のどごし」「ほぐしやすさ」など様々な視点で改良を重ね、研究開発進めました。
     そして利用して下さるの声を反映した 喜ばれる商品作りのために結集した、あたたかい想いのこもったおいしい骨まで食べられる干物の開発を進めています。

骨まで丸ごと食べられるからカルシウム40倍しっかり取れる!

新 聞 記 事 一 覧

骨まで食べられる干物のご紹介はこちら